採用情報

社員紹介

社員紹介 営業企画部営業企画部
2007年入社
生物資料科学部

いままでの会社の異動のなかで、
どんな仕事で何を学びましたか?

商品開発部から営業企画部へ異動しています。
商品開発部では、商品の味作り、各工場での生産性はもとより、使いやすさの追求やキャッチコピー等々、商品に関するほぼすべてに係ることができました。
お客様に直接ご提案して意見交換することもあるので現場でのニーズを知ることができ、それに応えられるような開発もしてきました。
その中で気づいたことは、美味しいだけではだめ、社内外全てのニーズを満たす商品をつくるのは一筋縄ではいかないということ。
そしてそれを打破するのは地道な実験と、今までのやり方に固執しない感覚。
まわりの開発員にそれを教わりながら作り上げ、商品化となったときは開発部でよかったと思えます。
より個人的な話では、有名店に調査に行くことも多く、自分ではなかなかいけないお店や、今まで食べたことのなかったものをたくさん知ることができたのはとてもよい勉強になりました。
その後営業企画部に異動となりました。開発部時代とは違う視点から商品を見てみたいと思っていた時期だったので良いタイミングだったと思っています。
営業企画部では、開発部に伝わる前段階の商品企画の話がたくさん動いています。
お客様のニーズが、より目の前にある状況です。
富士食品の調味料商品は和洋中、またそれ以外も豊富であり容器も多岐に渡っているため、お客様の悩み、ご要望も様々。
営業企画部の仕事の一つとして、それら企画をどう進めていくことがベストなのかを検討し、調整しています。
突発的な事象が起き、対策も毎回同じとはいかないため慌ただしいですが、ひとつひとつがお客様の満足につながるものという意識で仕事ができるため「やりがい」がある部署だと感じています。
両部署を経験し、営業企画部は商品そのものを作る部署ではありませんが設計の一部を担っていると気づきました。
どの部署に行っても、最終的にはより良い商品をお客様に提供するための開発者であるということを正に今学んでいるところです。
様々な部署から会社、商品をみることで、仕事だけでなく自分自身の力がぐっと上がるので、チャンスがあれば積極的に新しいものに挑戦してほしいです。

営業企画部とは、どんな仕事ですか?

営業部全体の商品販売計画や販売情報の整理、新企画の調整など、年間のスケジュール感を持った営業部の管理調整をするという側面と日々営業員やお客様からあがってくる問題やご要望を大小に関わらず迅速に解決していくというサポート的な面がある、船頭でありながら縁の下の力持ちでもあるという部署です。
日々の課題を解決するために他部署とのやりとりはとても多く、営業部と他部署の橋渡し的存在でもあります。
問題点やご要望はここに書けないほど様々で、対応には柔軟性が求められますがその分自由度が高く、うまく解決できたときのやりがいはあります。