採用情報

会社を知る 社長メッセージ

わくわくチャレンジ 代表取締役社長 小松 信一

 私たち富士食品工業は、設立以来「高品質で安心できる食を通して、人々の幸福に寄与したい」という想いで、1952年には国産初の「固形コンソメスープ」を、1958年に「麺用粉末スープ」、1975年には日本初の「家庭用オイスターソース」など、食のパイオニアとして、チャレンジングに事業に取り組み、新しい”おいしさ”を提供してまいりました。
 現在当社は、JTグループの食品事業を担う、テーブルマーク(株)のグループ企業として、独自の技術を活用した『高核酸酵母エキス』などの天然調味料や、優良原料を使用した抽出エキスなど、和洋中を問わず幅広くお使いいただける高付加価値商品の開発・生産・販売に取り組んでいます。
 そして、世界レベルの天然調味料メーカーを目指して、各部門ですべての社員が自らのスキルアップに努めているところです。
 私たちは、これからも「豊かな食文化をお客様とともに追求し、食卓に潤いを提供し続ける」ことをミッションとし、更に『ワクワクする』チャレンジを続けたいと思っています。
 そんな私たちのチャレンジに、あなたも参加し、一緒に『ワクワク』しませんか。