沿革

1938年
東京都蒲田にて粉末醤油、味噌等の非常用食品の製造を開始する
1952年
国産初の「固形コンソメスープ」を開発
1958年
富士食品工業株式会社設立
オイスターソース、粉末そばつゆ、コンソメスープ発売
麺用粉末スープを開発
1961年
即席ラーメン用別添スープを開発、国内メーカーへ技術援助開始
1966年
本社工場新設、粉末スープの増産をはかる
1969年
エチオピア・マダガスカルに現地政府合弁による肉エキス工場設立
酵素分解型ビーフエキスの開発に成功し販売開始
1971年
新羽工場設立(2010年 静岡金谷工場に統合)
1972年
牛肉エキス調味料「ビーフェックス」発売
1975年
日本メーカーで初の家庭用オイスターソース発売
1977年
ジェントリースープ発売
1980年
酵素分解型チキンエキスの開発に成功し販売開始
1981年
インドネシアの食品メーカーへ技術援助開始
1982年
米国ノースカロライナ州グリーンズボロにFuji Foods Inc.設立
1985年
台湾の食品メーカーへ技術援助開始
1988年
米国・カナダの食品メーカーへ技術援助開始
1989年
韓国の食品メーカーへ技術援助開始
1990年
静岡金谷工場新設
1994年
中国の食品メーカーへ技術援助開始
1996年
米国ノースカロライナ州にバーリントン工場新設
2000年
日本初 粗挽きトウガラシ「OHot.」発売
2002年
中国蘇州市に富士食品工業(蘇州)有限公司設立
2008年
日本たばこ産業株式会社と資本・業務提携
テーブルマーク株式会社(現 テーブルマークホールディングス株式会社)と資本・業務提携
2009年
ジェイティフーズ株式会社の調味料部門を当社に統合
ISO 22000取得
2010年
静岡金谷工場内に粉末顆粒調味料工場新設(生産機能集約)
金谷物流センター新設
2012年
FSSC 22000取得
2015年
資本金3,735万円から3億35万8,000円に増資