社長メッセージ

豊かな食文化をお客様と共に追求し、食卓に潤いを提供し続けるために

代表取締役社長 小松 信一代表取締役社長
小松 信一

私たち富士食品工業は、「高品質で安心できる食を通して、人々の幸福に寄与したい」という、会社設立以来の変わらぬ想いを持ち続け、「豊かな食文化をお客様とともに追求し、食卓に潤いを提供し続ける」ことこそが私たちの果たすべき役割だと認識し、これまで独自の事業展開に尽力してまいりました。

これまでも、1952年に発売した国産初の「固形コンソメスープ」をはじめ、「麺用粉末スープ」「オイスターソース」など、食のパイオニアとして新しい"おいしさ"を提案してまいりました。

現在当社は、JTグループの食品事業を担う、テーブルマーク(株)のグループ企業として、独自技術を活用した『高核酸酵母エキス』等の天然調味料や優良原料を使用した抽出エキスなど、和洋中を問わず幅広くお使いいただける高付加価値商品の開発・生産・販売に取り組んでおります。

今後も、研究開発をはじめ様々な分野において、グループの経営資源を最大限に活用し、一層の技術革新に努めながら、最高水準の安全管理のもと、当社ならではの付加価値の高い調味料を提供することで、お客様の様々なニーズにお応えしたいと思っております。

私どもの取り組みに、どうぞご期待ください。

代表取締役社長 小松 信一代表取締役社長
小松 信一